肥料部実験農場兼商品開発課では、各支店より持ち込まれた農家の皆様の圃場の土の分析をしています。 現在、江別にある分析室に加え、帯広支社に分室を設け、分析件数の拡大とスピードアップを図っています。
土壌分析内容
pH・EC・石灰・苦土・カリ・リン酸・
石灰飽和度・苦土飽和度・カリ飽和度・
石灰/苦土比・苦土/カリ・微量要素を
分析しています。

平成24年4月〜25年3月までの
1年間の分析件数と受付軒数(支店別)は、
下記の通りです。
2012年度(平成24年度) 土壌分析受付点数一覧表
 4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月合計
札幌21912431271791482195281951432111,727
旭川31114432849695238608212451,046
帯広19328516112921030623959281951,328
北見1005350421182865213292464442101,841
苫小牧491183242545711822413995655989
函館151468701461106087
豊富18176452843121363000317
中標津11400675468326640000630
農産64475501658160172703402
合 計7005552243256188971,7351,9726702161263298,367
2012年度(平成24年度) 土壌分析受付軒数一覧表
 4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月合計
札幌522716133538369812266341
旭川9179107141013022295
帯広50141625285158425532299
北見34241014428010565368123433
苫小牧161810131714262714727171
函館54134071201028
豊富17313643116100082
中標津35011814344000079
農産304240813413202109
合 計20012067106147223320307732626221,637
お得意先農家の皆様の圃場の土は、担当者が聞き取りした調査表をもとに分析室に
持ち込まれ、地区の施肥標準などを参考にしながら、土壌診断表が作成されます。
土壌診断表をもとに、お客様からの相談や要望に対して真摯に応え、
時にはアドバイスを加えて、お客様の納得のいく適切な肥料や施肥量を、
ご提案しています。

同時に土を採取した圃場の地図を作成し、地図上に土壌分析をはじめ作付作物や
収穫量の情報をリンクさせて、総合的な圃場管理・提案を行っています。
また、新規のお客様にも分析を積極的に行なっています。
 《土壌診断結果表の見方(採草地)》  
  ↑クリックすると表示されます

 《土壌診断結果表の見方(施設野菜)》  
  ↑クリックすると表示されます

 《土壌診断結果表の見方(水稲)》  
  ↑クリックすると表示されます

 《土壌診断結果表の見方(畑作物)》  
  ↑クリックすると表示されます

 《土壌診断結果表の見方(露地野菜)》  
  ↑クリックすると表示されます