〜各記事タイトルをクリックして下さい〜
2016年04月 コンサルタント契約を締結しました  
2015年12月 粗飼料分析(NIRS)を開始しました  
2015年09月 コーンサイレージに関する研修ツアーについて  
2015年03月 シェパード中央家畜診療所 松本大策先生の社内講習会  
2012年10月 (株)丹波屋 酪農セミナー2013 ご案内  
2012年05月 アルバータ州立大学 大場准教授による社内講習会  
2012年03月 乳牛の新しい栄養設計ソフトの紹介(続編)
〜CNCPS Ver6.1トレーニング(NDS・AMTS)と米国 酪農場訪問〜
 
2011年09月 乳牛の新しい栄養計算ソフト「AMTS」の紹介
〜米国 AMTS社 訪問〜
 
2010年07月 ウィスコンシン州Central Sands Dairy LLSの視察について(後編)  
2010年06月 ウィスコンシン州Central Sands Dairy LLSの視察について(前編)  
2010年02月 あなたの農場に、妊娠牛は何頭いますか?  
2009年09月 乳牛の飼料効率を考えよう  
2008年10月 <特別寄稿>繁殖についての取り組み
〜牧場と、若き酪農ミセスの奮闘記〜
 
2008年06月 肉牛育成牛について考える  
2007年09月 カリフォルニア州立大学の研修と視察  
2006年11月 ワールドデーリーエキスポ2006  
2006年05月 乾乳期間について考える  
2006年01月 新しい粗飼料分析について  
2005年06月 米国視察報告  
2005年02月 ユーザ紹介(大樹町 山下牧場)  
2004年10月 繁殖成績について考える Part2  
2004年08月 繁殖成績について考える Part1  
2004年02月 近日、酪農メディアで取り上げられる話題について  
2003年09月 酪農経営データベース(酪農DB)の活用について  
2003年02月 光周期コントロールについて  
2002年07月 ユーザ紹介(中標津町 美馬農場)  
2002年04月 ユーザ紹介(苫小牧市 五十嵐牧場)  
2002年02月 ユーザ紹介(美瑛町 畑中ファーム)  
2002年01月 飼料給餌マネージメントの考え方とその取り組みについて  
2001年11月 代謝プロファイルテストと、周産期疾病について  
2001年09月 乳牛の蹄病とその対策  
2001年08月 暑熱対策について  

 
アルバータ州立大学 大場准教授による社内講習会 2012年05月
アルバータ州立大学 大場准教授による社内講習会

↑画像クリックで拡大します

↑画像クリックで拡大します
5月14・15日にカナダ・アルバータ州立大学の大場真人准教授を講師としてお招きし、初日は酪農場を訪問して牛群の状態をモニタリングしながらの現状確認、2日目は当社会議室にて営業担当者を対象とした講習会を行いました。
 講義内容は、北米で研究されている様々な情報のほか、ケース・スタディとして初日に訪問した農場で見てもらった牛群とその飼料設計の評価をしていただきました。

「乳牛の飼料設計講習会」
 ・TMRの飼料設計 vs. 分離給与の飼料設計
 ・DMIを制限しているメカニズム
 ・粗飼料の質を考える
 ・ケース・スタディ(農場の現状評価)
 ・分娩移行期の代謝障害と栄養管理
 ・離乳移行期の子牛の栄養管理
 ・アシドーシスリスクのサイン

 油脂サプリメントで考慮すべきこと、移行期管理、ケース・スタディ(農場でのモニタリングと現状評価のポイント)など実践的な話題が多く、営業担当者からは質問や意見が活発に出ていました。アシドーシスリスクを回避しながらデンプンを使いこなす栄養設計の考え方や、実際のルーメン内デンプン消化性のイメージについてもいろいろと考えをお聞きすることができました。
大場先生には長時間に渡る講義から数多くの質問すべてに対して丁寧にわかりやすくご説明いただき、非常に有意義な機会になりました。


今回の講習会には、全道各地の営業拠点に所属する営業担当者が参加しました。
今後はそれぞれが得たヒントを、お客様へのアドバイスの際に役立てながら現場で活かしていきたいと思います。